« ~此の香り~ | トップページ | 夏の我が家に »

2013年4月25日 (木)

何か足りない~やっと思いだしたら

   此の冬に何か忘れていた事は夜の静寂(しじま)をや−き芋の声
   捨てる物順位をつけて整理する只吾が持ちし未練次第
   治す術の無き病に老重なりて春陽も寂し格子無き牢獄
不安定ながらもやっと春の陽指しが、考えまいとしながら一日一日と私の選んで
歩いている道はいずれ地から離れよう。だからやり残した整理を又初めました。
そのうちに[あれっ今年の冬は何かが足りなかった}思い出しました、何十年来の
冬の風物詩である焼き芋やさんの呼び声。寒そーだからきたら買ってあげよう。
本当は食べるのが楽しみだったのです。でも此の冬は一度も聞かなかった事をふっと思い出しホットしたけれどもう聞かれなくなったと、時代を感じ寂しくなりました。
   

« ~此の香り~ | トップページ | 夏の我が家に »

コメント

いろいろな音が、歌から聴こえてきます。未練をたくさん持ってください。次の冬には、焼き芋を口にできますように。確かにお身体は、自室から自由に移動するのが大変だと思います。ただ、がんばりやさんの心は、窓の外側の四季に寄り添い、人々の生活につながっておられますね。今日も素敵な歌をありがとうございます。

白衣の天使さま コメントの方が名文で
楽しいです。有難うございます。
放たれた犬の様に自由に野原を駆け巡りたい。

こんばんは

夜、痛みで眠れずいると、いろいろな音が聞こえてきます。

焼き芋屋さんですか、以前、くも膜下出血で入院中、部屋に聞こえてきたことを思い出します。

狛犬さん  いらしてくださって本当に有り難うございます。
痛み如何ですか。あとはこの後の梅雨ですね。
痛みだけは本当に辛く我慢できませんね。後は先生の経験次第ですね。
痛みに負けないで頑張って!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160184/51371299

この記事へのトラックバック一覧です: 何か足りない~やっと思いだしたら:

« ~此の香り~ | トップページ | 夏の我が家に »