« 生きる意味問う | トップページ | 長い冬の最中に »

2012年12月19日 (水)

老いて病み

   日々磨く薄き硝子のその先きは吾が逝くせかい澄みて美し

 
   西方の夏の夜空に緋き星吾がアンタレス孫娘見てほし
今年も又異常の多いとしでしたね。殊に気候は春も無く夏は雷、秋は素通り
冬は生活を狂るはせる程の雪がはやはやと、選挙が終わり自民党さん、
国民の票を沢山集めたのですから、演説通りのスピードでしっかりと
立て直して下さい。残して行く現世の為に。心豊かな日々が過ごせます様に。

« 生きる意味問う | トップページ | 長い冬の最中に »

コメント

今年は夏は暑く、冬は厳しくなりそうですね。

いかがお過ごしですか。
少しでも痛みが軽くなりますように!!

狛犬さん 懐かしいです。意志強くもてば案外強く生きられる物ですね。人に頼らない
と言う。でもね病気で長生きしてもね。クリスマス家で静かにお祈り致します。貴女の
お痛みの事もね。少しでも痛みの少ない事を。おだいじにね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160184/48384314

この記事へのトラックバック一覧です: 老いて病み:

« 生きる意味問う | トップページ | 長い冬の最中に »