« 生かされる日々 | トップページ | 秋の日は短くなりました »

2012年10月 7日 (日)

晩秋から初冬に

   人恋うも死を恋うも秋晩鐘の音に耳済まし悟りを聞きぬ

   十月に入りて緋色の彼岸花誰に告げなむ其の想いをば
   秋深み亡母を恋しく思う夜窓打つ氷雨心も打つか
毎日雨もようの嫌な天気が続き今年は此れから秋の気配を感じられるので
しょうか。毎年こんな気候が続くのでしょうか。未だ秋の虫の音も聞いて
おりませんが、それなのにお彼岸に毎年咲く彼岸花が今年は途絶えたか
と諦めて居りましたら初冬の雨の中真っ赤に咲き出しました。病むみには
喜んでいいのか、胸が痛みます。

« 生かされる日々 | トップページ | 秋の日は短くなりました »

コメント

こんにちは。

本当に、今年は暑く、彼岸花、咲かないのではないかとおもっていました。
雨が降って、夜の気温がさがったとたんさきました。

水不足気味でしたので、雨は嬉しいのですが、ちょと痛みます。

がんばりやさん、いつもお気遣いのあるお言葉、とても嬉しいです。
歌、自分では作れないので、とてもたのしみです。

季節の変わり目、ご自愛下さい。

狛犬さん コメント有り難う御座居ます。こんな歌貴女だけ褒めて下さるのは。
とても嬉しいです。痛みの強い時は「生きている証拠』と言い聞かせています。
楽しいときも『生きている証拠』です。感嘆でしょう。
隠れた痛みは本当に本人しかわかりませんね。どうにか少しでも楽な日で有ります様に。
お大事にね。

素敵な歌をありがとうございます。
いつもながら、色が眼前に広がり、音が響いてくるような気がしました。
生命をうたった歌を、また楽しみにしております。

白衣の自転車乗りさま  嬉しいコメント有り難う御座居ました。
こんな歌を他にも読んで下さる方がいらして励みになります。
歌はこんな物ですが病の方が、元気づけられます。白衣の方だから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160184/47343705

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋から初冬に:

« 生かされる日々 | トップページ | 秋の日は短くなりました »