« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月11日 (木)

春と秋に生きたい

   立秋は名のみの猛暑地を焼きて綺麗事など詠めない短歌

   意のままになると思いし酸素とふチューブまつわり悪戦苦闘


厳しいお暑さですね。暦の上では立秋。何かロマンを感じさせますが
とんでも無い。窓を開ければ熱風が侵入、節電協力の意志はありますが、
心に罪悪感をもちつつ病を隠れ蓑に29度のクーラーを。
此れで生き返ります。
エネルギーを求める今、こんなに苦しみを与える太陽熱を
100パーセント活かせたらいいですね。素人の考え。

20メートルの命綱、酸素のチューブ
馴れれば意のままにとたかをくくって居りましたが
柔らかく蛇の様に絡み付き巻き付かれほとほと困り音を上げて居ります。
車椅子のタイヤに迄巻き込んで、ヘトヘトに。
何か良い方法ご存知の方教えて下さい。
皆様此の暑さに負けないで。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »