« 2008年4月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月26日 (日)

病は重なる

  読みさしの本の栞もその侭に明日という日は無きと思いつ
  死に急ぐ訳では無いが立つ鳥の後を濁さず常に心に


 今日は雨 六月の雨に美しく映える紫陽花今日はホットしているでしょうね。
 でも六月も終わりですね。早いですね。晴れても,降っても,暑くても、寒くても、
 痛みの強くなる病、長く付き合いましたがもう疲れました。今年は特別。災害の所為?
 明日病院に行き入院の日が決まります。早く済ませて帰りたい。こぼしつつ
 此のベットが一番。そして? 早く言えば入院が嫌いなのです。

2011年6月23日 (木)

闘病より闘暑に

 急にお暑くなりましたね。でも、節電のためクーラーは横目で
 今扇風機が一番弱い風を懸命に送ってくれます。
 風向きが私に当たると気持ちいぃ〜。
 私と同じようにベットの上での生活の方
 矢張り夏が一番辛いですね。もう社会には何のお役に立てないのに、
 テレビの政治家の茶番劇を見て腹を立て心臓ぱくぱくさせたり、
 原発のニュースに胸を痛めて、
 外を見れば原子線など関係なく南天の花が美しく揺れて居ります。
 果たして此の花の朱実が晩秋に輝くのを見られるでしょうか。

 沈黙は金にはあらず一言も言葉なき日の孤独は寂し
 人生の主演の幕は降りたれど今エピローグ静かに演じ

2011年6月21日 (火)

風薫る?初夏

 震災の為に今年は春を感じる間もなくもう初夏ですね。
 今新緑の若葉を揺らしてくぐり抜けて風が吹いて居ます。
 でも 今年は風薫る何て良い気持ちになれませんね。
 昨日原発で湿度が上がったとの事で扉を開き放射能も
 風に乗って世界の空に旅立ちました。何時の日か
 えたいの知れない病が現れないと良いのですが。

 初夏にして若葉くぐりて吹く風を受け入れ難し原発の事故
 術のなき病原ならば好物のふぐ刺しの肝の毒で刺したい (私の病)

2011年6月19日 (日)

矢張り寂しくて帰って来ました。宜敷くお願い致します。

あれから四年経ちましたので始めまして!と同じですが
歌は忘れ、病気は進行し、あとどのくらい続けられるか判りませんが、
懐かしい此処でおしゃべりさせて下さい。

 頑張れの決まり文句に反発し捨てし名前が何時か生き甲斐
 伸びてゆく平均寿命追いかけど吾が足を引く不気味な病

健康が何よりの宝、多き夢を達成するためにもお身体をお大事になさって下さい。

« 2008年4月 | トップページ | 2011年7月 »