« 19歳の処女作 | トップページ | 煩悩 »

2007年1月18日 (木)

大病院

病持ち待ちし患者も疲れしが昼食とれぬ医師も辛きか

大きな病院は遠くからの患者も含めて多い、いくら予約制でも1時間2時間待ちは当たり前。しかも色々の科を回るとどうにも成らぬ疲れの苦しさに成る。「何時まで待たされるんだ、予約なのに」と大声でわめく患者さんを良く見かけるが、1時の予約に行っても「ただ今11時の予約の方です」と札がかかって居る。
やっと3時ごろ呼ばれるが先生の声も元気がない。「先生お昼召し上がったのですか?」と訪ねると「いつも昼食は抜きだよ」と‘「何時の間にか2食主義だよ」と、でも手を抜く事が無く日を置いて居るだけ丁寧に見て下さる。だから時間オーバーに成るのだ。「待たせてご免ね」って言われると申し訳なくなる。その後色々決まりの検査等で口も利けない位、でも先生はまともでない患者さん相手に一日中真剣に接して考えて下さりお疲れも多いと思います。何方も大変ですね。

« 19歳の処女作 | トップページ | 煩悩 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160184/4974185

この記事へのトラックバック一覧です: 大病院:

« 19歳の処女作 | トップページ | 煩悩 »